Red Coffee アカイコーヒー

Another short story for my literature club. The theme this time was “red coffee.” I quite like this one. I’ll publish the translation soon. (Written April 2013)

またサークルのための短編小説です。今回のテーマは「赤いコーヒー」でした。このやつは結構好きです。翻訳も発表するつもりです。(2013年4月)

 

「あなた」

「何?」

「アカイコーヒーがなくなった」

「そうと言わないで」

「どうして?」

「気持ち悪いよ」

「あっ,そう。とにかく、コーヒーがなくなった。もっと買ってくれる?」

「高いよ。お茶飲んでくれる?」

「だって、コーヒーがいるよ」

「お茶で十分じゃない?」

「だってコーヒー……」彼女が死にそうな声で言った。本当に死なないけど、コーヒーのために死んでいる人がいる。

一年前から、コーヒーの戦争がやっていた。何千人もなくなってしまった。去年、コーヒーのウイルスが世界中に広がってきた。一割しか存続していない。ヨーロッパ人とアメリカ人こそ狂っていた。最初に、人はスターバックスとかの所の中に立てこもっていた。つまり、分配するより、買いだめした。それは長くは続かなかった。

スターバックスなどのコーヒーは底を突いた。すぐ、戦争になった。商談も駄目だった。コーヒーが売り切ったまで、国々の業者はがんばってたけど、無理だった。平和を唱道する国は戦闘態勢が整っていた。国々の軍隊は戦いながら、国内でも戦争だった。

戦争のため、政府がコーヒーを管理していて、「国民珈琲」として売った。だから、皆は政府から高いコーヒーを買っていた。何千人もなくなったので、「ブラッドダイヤ」のように、コーヒーは「アカイコーヒー」と言われ始めた。人が一杯だけのためテレビなどのものを什器は全部なくなったまで売った。コーヒーをやめた人もいるけど、ブラックマーケットでも買うほどやめられない人は多い。

彼女はやめられない人の一人だ。夫と一緒に、もっと小さい一部屋のアパートに引っ越した。アパートは台所とリビングだ。什器はコーヒーメーカーと布団です。夫は大きい会社の部長なのに、妻の奴隷になった。仕事はコーヒーを買うためだ。

妻は?コーヒーがある日、小説を書きます。コーヒーがない日?寝ます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s